セラミックの歯は歯医者の自費診療の素材です。

歯医者の自費診療はお金持ちだけが受ける治療というわけではなく、現在は多くの方に利用をされているものです。ただ美容的に歯医者の自費診療でセラミックの歯で人工的に歯をキレイにする事もあります。

しかしながら、歯医者の自費診療のセラミックの歯では、お金持ちが美容目的だけで行うものではなく、通常の人でも勿論必要に迫られる場合のあるものです。

 

なぜなら歯医者の保険の治療では本物の歯と見分けのつかないような治療をする事は出来ません。

特にスポーツをやっていて前歯を破損をしてしまったり、前歯に虫歯が酷くなってしまったり、前歯の神経が何かしらで死んでしまって歯が変色をしてしまったり、とにかく最も目立つ前歯に関連をした治療を行う場合にはセラミックの歯を使った治療でしか本物の歯と見分けのつかない治療はできないので、歯医者の自費診療はお金持ちだけで行う治療という事では全くないのです。

 

セラミックの歯の値段、セラミックの歯で行える治療の種類をわかり易く解説→こちら

 

セラミックの歯の治療で何が出来るの?

セラミックの歯の治療では、特に前歯に関するもの、見た目に関するものを治療をする事が出来るという事を前述をしました。

なので、セラミックの歯の素材を使用をした治療では、大方殆どの歯のコンプレックスを解消をする事が出来る治療を受ける事が出来るという事がいえます。

どのような治療をセラミックの歯で行う事が出来るのかという事を書きに箇条書きにしてみましょう。

  • 前歯の変色を治して自然にする
  • 前歯の出っ歯、すきっ歯を治す
  • 歯並びを短期間でセラミックの歯で治すセラミック矯正
  • 八重歯をセラミックの歯でキレイな歯並びに治す
  • 前歯の虫歯を治す
  • 歯の形状、色、歯並びをトータルにセラミックの歯でキレイにする
  • 芸能人・モデルのような歯並を人工的にセラミックの歯で作る
  • 金属アレルギーの原因の銀歯を取り除いてセラミックの歯に置き換える
  • セラミックの歯でプラスチックの歯の変色、歯科金属の溶け出しによる歯茎の変色の解消

 

箇条書きにしてみるとたくさんの治療をする事が出来るように感じるのですが、結局のところは見た目をキレイに治す事が出来るという事です。

また、箇条書きになっているコンプレックスなどには違いがあるのですが、しかしながら治療工程は殆ど異ならず箇条書きにしたものは全てセラミックの歯で治療を行う事が出来るものです。

なので、歯の見た目に関する悩みというのは歯医者の自費診療のセラミックの歯の治療を受ける事によって改善をする事が出来るという事です。

 

セラミックの歯の値段、セラミックの歯で行える治療の種類をわかり易く解説→こちら

 

治療をしなければならない歯であればセラミックの歯にするデメリットは特段ありません

よくセラミックの歯の治療の事を調べている際にデメリットを見ることもあると思います。

しかしながら、ネット上のサイトにある説明のセラミックの歯にするデメリットの解説は大抵は美容目的で健康は天然の歯を削ってまでセラミックの歯で治療をする際の事を言っているだけです。

逆に、治療が必要な歯に関してセラミックの歯にするデメリットというのはありません。なぜなら、保険治療よりもより良い素材を使用をして治療をするのですから、保険治療で銀歯を入れたり、レジンを詰めるよりも良い治療です。

例えば、酷い虫歯で神経を抜く必要があり被せ物を必要とする場合に、保険治療の銀歯にするのか、自費診療のセラミックの歯にするので、どちらが良いか?と言えば、保険治療の銀歯よりもセラミックの歯の治療の方がよいという事は誰でも考えずに分かることでしょう。

強いてセラミックの歯のデメリットと言えばセラミックは陶器材なので硬いものを噛んでしまった際に欠けてしまったりする事はデメリットと言えるでしょう。割れるとか欠けるといったデメリットがないのは保険治療の銀歯でしょう。

しかしながら、それはデメリットなのか?と言われると、そんなに頻繁に起こる事でもありませんし、そもそも健康上のデメリットが保険治療の銀歯では大きく、例えセラミックの歯では割れてしまう可能性があるけれども銀歯は割れないという事にそこまで大きなメリットはありません。

何せ金属アレルギーの弊害という健康上の問題が保険治療の銀歯にはあり、金属アレルギーが出てからようやく銀歯を取り外すしてセラミックの歯に交換をする方も多くいらっしゃるのですから銀歯の方が優れているなんて事は言えるわけがないというのが理屈となります。

つまり、基本的に治療が必要な歯を自費診療のセラミックにする事にデメリットは殆どないという事が言えるという事になります。よもや保険適用の治療の方がデメリットが大きいという事がいえます。

ただ金銭面、経済面的にどちらが安く歯の機能を取り戻すコスパが高いのか?と言った際に保険治療になるので、健康上の事などどちらでも良いから、今安く治したいという方であれば保険治療の方がよいという事になるでしょう。

東京 歯医者 安い

歯医者の保険治療は良くない治療なの?

歯医者の保険治療は良くない治療なのか?と言えば、そうでもありませんが、自費のセラミックの歯と比べて健康上の事をトータルに考えた際にセラミックの歯で治療をするよりもメリットはあるか?という事で考えれば、歯医者の保険治療にメリットは特段認められません。

ただ、前述をしましたが、とにかく安く虫歯を治して、噛むという歯の機能さえ元に戻れば良いというのであれば、それで良いかと思いますし、安い費用で歯の機能を取り戻すことが出来るのですから人の価値感に於いてはそれで良いでしょう。ただ、最終的な身体への影響という事を銀歯で考えた際に自費診療と比較をして秀でた部分は全くないと言っているのです。

そんな良くない治療がなんで歯医者の保険治療で使われているの?

そんな健康上良くない可能性がある治療がなんで保険治療で行われて、現在自費になっているセラミックの歯の治療が保険適用の治療をして採用をされないのか?という事を疑問に思う方もいらっしゃるかもしれません。

確かに疑問に思う方もいらっしゃるとは思うのですが、保険治療自体は一応のところ身体の健康を害さないレベルで許容されるレベルの治療をなるべく低コストで国民全体に医療サービスを受けられるようにするという事が目的のものですから、それで役割は果たしているのです。

 

歯医者の自費診療と保険診療の違いを詳しく詳細をしているサイトは下記

歯科の自費診療、保険診療の違い→こちら

 

セラミックの歯は原価が高いのです。

国民全体にセラミックの歯を保険適用で大丈夫という事になると保険財源を確保をする事は極めて困難です。

従って、許容され最低限健康的に暮らしを維持をする事が出来るような保険制度を運用をしているのです。なので、歯医者の保険診療が良くないという事を言っているわけではないという事も合わせて理解をして下さい。

ただ、使用をする事が出来る素材が保険の法律によって事細かに規定をされており、それによって使える素材が限定をされているので、それ以上に健康的であるとか、また見た目がキレイな治療というものを求めるのであれば足りない部分に関しては自分でお金を出してより良い治療を受けてくださいという事なのです。

 

だから、このことから見ていくと保険治療と自費診療を比較をした際に保険診療のメリットが何もないのは当たり前です。なぜなら、より良い治療を受けたいというこだわりがあるのであれば、「それは自分の費用で行ってください」という事なのですから、保険診療は自費診療に劣って当然なのです。

 

健康志向の高まりで自費診療を受ける人の割合も増加してきている

最近は何かと健康志向が高い人々が多くなっており、今までは歯医者に自費診療があるという事なんて知らない人が多くいました。

歯科業界自体もこれには問題があって、歯医者自体も「わざわざ高い自費診療になんてしないよな・・・」と思って、ただでさえも歯科の過剰によってお客様が来ない中で自費診療を説明をしてお客様を逃してしまうのは勿体無いので保険診療をこなしていたのです。

しかしながら、最近は極端な二極化もあり、「その場では高額になっても長い目で見て身体に優しい治療を受けたい」という人が歯医者にも病院でも見受けられます。

その逆に、「自費診療の説明をするなんて儲け主義の医療従事者がけしからん」とか怒るような人もいて、そして「安くてその場は治ればそれで良い」という人もいて完全に二極化をしています。

しかしながら、健康志向の高まりは本当に大きく、今までは歯医者に自費診療があるなんて知らない人の方が普通の状態でしたが最近は若年層でも、特段虫歯などの疾患がなくても歯医者で定期的に歯のクリーニングを受けりするという人も増加の傾向にあります。

また、歯医者の保険治療に比較をしてより良く健康的な治療を求める人が自費診療の歯医者の治療を求める傾向にあります。

 

特に保険治療の銀歯の被せ物での治療希望は減少傾向にあります

美容目的で前歯をオールセラミックの歯の治療でキレイにするセラミック矯正などを受けたいというような人も多くなってきていますが、それ以上に虫歯の治療の際に虫歯の程度が酷くてどうしても神経を抜いて被せ物にしないといけないという場合に保険の銀歯にするか、自費診療の歯科金属を使っていない銀歯にするのか?という事に対してオールセラミックの歯を選択をする人が増加傾向にあります。

これは、本当に健康志向が高まったという事に加えて、金属アレルギーの増加という事も同時に関係をしているのであろうと予想をされます。

アクセサリー程度のものでも肌が荒れてしまうとか、また、肌の調子が良くなくて美容皮膚科に通っているというような方が、保険治療の銀歯を指摘をされたりするという事なども増加傾向に理由にあるのであろうと思われます。

またインターネットで何でも検索をして調べることが出来る時代で興味を持った事に対してとことんに掘り下げるという人も多くなってきており、美容と健康の事を調べているうちにアクセサリーの金属アレルギーなどのコラムから歯医者の保険治療の金属もパラジウム合金を使用してあるなどの関連性を見て、歯医者の保険治療の銀歯ではなくオールセラミックの歯を選択をする人が増加をしているのであろうと予想をされます。

本当に健康の事を考えるのであれば、口の中に金属を入れておくという保険治療の銀歯はやはり良いものとは言えません。

その事をしっかりと理解をしている人々がより良いものを志向をする事で歯科の自費診療のセラミックの歯の認知も進んでおり、今はだんだんとオールセラミックを求める方が増えているという事なのです。

ジュエリーの金属で肌が荒れるなどアレルギーがある方は歯科金属も要注意

 

健康的な歯医者の自費診療のセラミックの歯の治療をリーズナブルに受ける事が出来る歯科医院をお探しなら

いくら健康志向が高まってりるとは言え、やはり歯医者の自費診療のオールセラミックの歯の治療はかなり高額です。

1本の治療費が15万円、20万円といようなお値段設定にしている歯科医院はまだまだ多くありますし、やはり1本のオールセラミックの歯の値段の中央値としては13万円程度です。

これは、やはり高額ですから、歯医者の自費診療を求める方や、金属アレルギーなどで本当にオールセラミックの歯の治療を必要としている方の中で、高品質なオールセラミックの歯の治療をなるべく低価格で受ける事が出来る歯医者が人気となっています。

 

当サイトの下記の記事で紹介もしています

セラミックの歯の治療をなるべく安く受けたいけれども安いのって大丈夫?

 

この審美歯科サービスは、歯科業界でトップシェアの企業である、デンツプライシロナ社のセルコンのジルコニア、またイボクラール社のIPS e.maxを採用をしたオールセラミックの歯を従来型の歯科医院の自費診療の3分の1、若しくは4分の1程度の治療費で行っているのです。

歯科の自費は高額になるとは言っても、歯医者の過剰という問題もありますから、歯医者の自費のセラミックの歯の治療がいくら保険適用外で高額であるとは言っても、やはり市場経済の関係で値下がりをしてきています。

またお客様の厳しい目で見ている点もありますし、いくら自費のオールセラミックの歯とは言っても原価2万円程度のオールセラミックの歯であるのに1本15万円、20万円という治療費の設定はやり過ぎという目を持っている方も増えてきています。

そのような方々の中で話題で人気の審美歯科サービスが下記という事なのです。

セラミックの歯の自費診療を受けたいけれども、かなり高額過ぎて困っていたという方は、この人気の審美歯科サービス公式サイトも確認をして検討をしてみて下さいね。

 

公式サイトは下記のバナーをクリックして閲覧をして下さい

歯医者 自費 セラミック 安い