セラミックの歯の治療は歯医者の自費診療の素材になるので、やはり殆どの歯科医院がかなり高額な治療費で出しているという事が通常です。また安いとは言っても、数千円で歯科の自費診療のセラミックの歯の治療を受けられるという事は2017年10月14日現在では皆無と言っても過言ではありません。

どれだけ安くても3万円~5万円程度はします。

また3~5万円だとセラミックの歯とは言っていても、オールセラミッククラウンの治療を受けられるというわけではなく、セラミックの詰め物だけが安い値段として「セラミックの歯」として広告などに出しているという事が殆どです。

 

でも歯医者は値段だけで判断をする事が出来ないという業種の最たるものであると言っても過言ではありませんから、安いから良くない、高額だから良い治療を受ける事が出来ると値段だけで画一的に判断をする事は出来ません。

 

例えばお客様が少ない歯医者で1本25万円でオールセラミックの歯の治療費を設定をしているとします。

その歯医者が上手いから高いのでしょうか?ただ、お客様が少ないから、歯科医院で消費をする消耗品などの運営に必要とするコストが高いから値段を下げることが出来ないのでしょうか?

現在的に言えば、お値段というのは、人気があってたくさんお客様が来るという事であれば、比較的同業他社と比べて利益率は同様でもお客様に提示をするお値段としては低くしていく事が出来ます。

それは歯医者であっても同様の事です。だから、高額だからこそ良い治療を受ける事が出来るというのは歯医者ではなかなかそうとも言えないという点があります。

 

比較的自費診療のセラミックの歯が安い歯科医院で見るべき部分はどこ?

比較的自費診療のセラミックの歯が安い歯科医院で、絶対に見るべき部分はどこかと言いますと、そのセラミックの歯の素材メーカーです。

高品質な治療とは言いますが、歯医者の場合には圧倒的に材料メーカーが良いものか、そうではないか?という点に於いてお値段が異なるという事の方が大きいでしょう。

勿論歯医者の腕というのもありますが、それは外部的な基準にはならず、どちらかと言えば言ったもの勝ちという曖昧なものですから治療の高品質さで最も外部的に分かりやすいのが、どのメーカーの素材を使ったセラミック製品を使用をしているのか?という事です。

このセラミック素材のメーカーを開示をしていないで独自に医院で勝ってにつけた名称で表示をしている歯科医院などもありますが、なぜどこの素材メーカーなのかを表示をして開示をしていないのかという理由に関して、あなたのご想像にお任せを致します。

 

高品質なセラミックの素材メーカー、製作システムを採用をしながら安くセラミックの歯を提供をしている歯科医院ならここ!!

高品質なセラミック素材メーカー、製作システムを採用をしているなら株式会社Japan Dental Frontierがサービスの企画開発・運営管理をしている審美歯科サービスが良いでしょう。

フェアにどこのセラミック素材メーカーを使用をしているのかという事も開示をされており、また人気も高い審美歯科サービスです。

ちなみに、デンツプライシロナ社のセルコンシリーズのジルコニアセラミッククラウン(Z冠ではない)と、イボクラール社のIPS e.maxを使用をしたオールセラミックの歯の治療を提供をしています。この二社のオールセラミック素材、製作システムを採用をしたオールセラミックの歯を使用をして治療をしている歯科医院では1本当たり10万円以上の治療費を設定をしている歯科医院が殆どです。

しかしながら、この審美歯科サービスでは、セルコンのジルコニアが1本50,000-となっており、イボクラール社のIPS e.maxが1本47,000-となっており非常にリーズナブルに治療を受ける事が出来るようになっていますから大変に好評です。

この審美歯科サービス内で実際に治療に当たる歯科医院が、東京、神奈川、大阪、名古屋の各都市にあり、あなたが最も都合のよい地域の歯科医院で治療を受けられるようになっています。

従来型の歯科医院と異なり、歯科医院によってセラミックの歯のお値段が異なるという事がありませんから、その点でも歯科医院によってお値段が異なるという事を気にする必要もなくわかりやすいお値段の設定をしているので人気が高いです。

 

公式サイトは下記のバナーをクリックして閲覧をして下さい

歯医者 自費 セラミック 安い