見た目 歯

IPS e.maxのオールセラミッククラウンを採用しているのに低価格47,000-で人気の審美歯科サービス!カウンセリング予約・問い合わせ→こちら

 

審美治療の値段について知っている裏側を全て公開をしましょう。

 

公開をする事は迷う事があるのですがね・・・

 

でも、実際に裏側と言っても特に何もないのですが・・・

歯医者の値段設定って適当です。ってのが最も大きな裏側です。

 

特段、自由診療、自費診療に当たるオールセラミックの歯の治療費について明確な基準などありません。歯医者が好きなように自由に決定をする事が出来ますので、ビジネスという側面、経済的な側面の、起業家ではない歯医者にとっては適当な値段設定なのです。

 

はい、これは殆ど間違いないです。

 

つまり多くの歯医者の自費診療のお値段というのは「適当か慣習」です。

 

ただ、大手美容歯科医院、美容整形外科の歯科部門などでは、適切に専門家などをつけてサービスを構築をしている事が多く、その場合には適用な価格ではなく、しっかり計算をされている事が多いです。

 

歯医者の技術が高いという場合もあるかもしれませんが、それらも極めて適当なもので、上手い下手にも基準がありませんので、ド下手な歯医者でも俺は上手いと思っていれば、実際にはド下手でも上手いという事になってしまうという事になります。

そのような、ちょっとした値段の裏側、つまり高い歯医者が良いとも、お値段が安い歯医者が良いとも、ぢちらでも良い歯医者はいるし、ド下手な歯医者もいるという現実を解説をしまた。

また歯医者選びのヒントも解説をしましたので、あなたの審美歯科選びの参考にして頂ければと思います!

オールセラミックの歯そのものが高いのではないの?

原価が高いものを使って高品質がだから馬鹿高いのか?って言えばそうではありません。

 

歯科業界的に言って最も原価が高いオールセラミック素材を使用をして技工士に依頼をしてオールセラミックの歯を製作をしたとしても、歯医者が歯科技工士に支払うお金は、1本当たり2万円なら高額な方です。

 

案外とお客様によっては、オールセラミックの歯自体がすっごく高額なものだと思っていますが、全くそうではありません。

 

また、オールセラミックの歯の素材で粗悪な物を使っているから安いというような事をなんとなく思う方もいるかもしれません。

そもそも原価が最も高額なオールセラミックの歯の素材でも高くないのに、オールセラミックの歯の素材を粗悪な素材に変更をしたところで経済的なメリットは生まれません。つまり、治療原価を安く出来るわけではありません。

従って、わざわざ数千円の違いしか生まないような粗悪な素材品質を落としても歯医者としても歯科技工士としても、あまりメリットはありません。

歯医者に至っては、1本2万で仕入れたオールセラミックの歯に対して慣習的に12万円~18万円程度の治療費を設定するわけですから、なお更、わざわざ品質を落とす理由はありません。

よもや、品質が良くない素材を探す方が面倒な事でわざわざ面倒な事をして微々たるコストを安くしようという歯医者はあまりいないです。

なので、高額な治療費を設定をしている歯科医院などのコラムなどで、「低価格でオールセラミックの歯を提供をしている歯科医院はオールセラミックの品質が良くない」と言っている人が案外といますが、そんな事をお客様の多くに知られたら自分よりも低価格で行っている歯科医院にお客様が流れるという事があるので、そのように言っているという事が多いと推測されます。

 

つまり、大抵の歯医者が言う「高品質だから値段が高い、安いと低品質になる」という事は実際にはオールセラミックの歯の品質について言えば殆どありません。

技術が高い、上手な歯医者だからオールセラミックの歯の治療の値段を高くするのか?

また、それを指摘されると次に歯医者が言うのは、「技術に自信があれば安くはしません」と言うことも多くあります。

技術職であるので、技術があるという事、またそれをお客様が納得をしているのであれば、それはそれで良いのですが、重要な事は技術が本当にあるから高額になっていない場合だってかなり多くあるという事です。

 

なぜなら、歯医者の技術の良し悪し、自信がるという判断というのは、只の歯医者個人による自己判断によるものだからです。

歯医者自信が自分に技術があると思えばあるし、無いと思えばないという事が問題であって、治療を受けようとしている個人のあなたからすれば、その歯医者の技術は純粋にとある歯科医院と比較をされたものでなければ意味がないのですが、歯医者の個別具体的な技術を知る事は出来ませんので、余計に困るのですよね。

 

なので実際に良くあるのは下記のような例です

  1. 実際には評判が良く上手な歯医者だけれども気弱で、自分はあまり上手くないと思っている歯医者の場合にはオールセラミックの歯の治療費を安くします。
  2. ただ自分自身が上手いと思っているだけのド下手歯医者は「おれ技術あるし上手いから」と言ってオールセラミックの歯なら1本20万円はもらないと採算とれないわ。

 

これが事実です。

なので、歯医者の自費診療というのは、特段値段が高い安いという事によって良い悪いという事を判断をする事が出来ないという事です。高いところでもド下手勘違い野郎な歯医者もいれば、超絶に上手いのに自信がなく全ての自費診療をなるべく安くしようと思っている歯医者もかなり多くいます。

 

なので審美歯科などのオールセラミックの歯の治療費の高い安いというのは品質の良し悪しの判断をするのは歯医者選びの場合にはほぼ根拠にならないという事になります。

めちゃくちゃ高いお値段を設定をしている歯科医院、審美歯科でも、その歯医者はド下手なんて事はいくらでもありますし、逆に低価格にしていても、実はすごく上手という歯医者もいるという事なのです。

 

ただ、事実を淡々と述べているだけですので、比較的に安くオールセラミックの歯の治療を受ける事が出来る審美歯科を見つけたけれども不安という心配はいらないという事が言いたかったわけです。逆に、高額な治療費だから安心なのかと言えば、全くそうではないという事もあるという事も同時にご理解をして頂きたかったわけです。

なので、このような事実は、盲目的に高額な治療費を設定をしているような歯科医院が良いと思ってる方と、比較的に低価格で行っている審美歯科などが不安という方に、歯科業界の構造はこのようになっているから結局のところ、値段はあてにならないという事を理解をして頂きたいわけです。

従って、歯医者に至っては玉石混在です。

正直なところ、値段からは良いも悪いも分からないブラックボックスと化しているわけです。また、歯医者の心意気として、「高品質な治療を提供できるように心がける」という事を自社サイト上に掲載をする事は特段問題ありませんが、あなたが歯医者を選ぶ際には何の基準にもなりません。

なぜなら、他の歯科医院と比較をして高品質という事は言っていないですし、比較されてもいない、その歯医者が自分の仕事に対しての想いを開陳をしているだけの事だからです。

どこの歯医者も「高品質な治療を提供しています」なんて絶対に言うのですから、そんな言葉は、あなたにとって高品質な治療を他の歯科医院と比較をした際に本当に高品質であるという事を保証をしてくれる言葉ではありません。

では、どうやって良い歯科医院・審美歯科を選ぶべきなのか?

あなたの予算をまず決定をして下さい。予算内で出来そうな歯科医院を複数ピックアップをします。

出来ればたくさんピックアップをした方が良いです。

その中で、一般的なあなたの感覚で、「この歯医者は流行っていないでしょう」という歯医者は全てリストから外します。

 

なぜ流行っていなさそうな歯医者を外すのかと言えば、これは理由がすごく簡単で、流行っている歯医者の方が単純に、オールセラミックの歯の施術件数が多いので上手いのです。

これは理屈で考えても絶対的にそうです。1ヶ月当たりオールセラミックの歯の治療が3本程度出来れば上出来な歯医者と、一ヶ月100本以上の施術をしているという歯医者では、1ヶ月100本以上を施術をしている歯医者の方がうまいのは当然ですよね。

これは、何をどう言おうとひっくり返せない事実です。なので、簡単に言えば上手い歯医者ってのは、どんなことを言っても治療件数が多い歯医者の方が、いくら歯科医院の年数が長かろうと不人気の歯医者よりも上手くなるのは当然なのです。

だから、上手い歯医者を効率的にピックアップをするためには不人気である歯医者は行くべきではないのです。

自費診療を専門で行っているような歯医者はすぐに見つかります。

そのような歯医者は美容整形外科の歯科部門である事が多いです。それだけを専門で行うわけですから、通常の歯科医院より圧倒的に多くのオールセラミックの歯の治療実績があり、そこで雇われ歯科医師として働く歯医者も実際に普通の歯科医院でいるよりオールセラミックの歯の治療をする件数が多いので、比較的に技術としては問題はないでしょう。

 

そのように、自分が良さそう!と思う歯科医院・審美歯科をピックアップをして実際に足を運んで、あなたが良いと思うところを決定をして治療開始という事になります。

上記のように良さそうな歯医者をピックアップをしても人間的に好きになれない歯医者で治療を受けてはいけない

最終的には、あなた自身がこの歯科医院で治療を受けるのなら良いと思えれば、そこで受けるという事が最もトラブルが起こらない可能性が大きいでしょう。

歯医者の治療の際に最も多いトラブルは治療自体には問題はないけれども、あまりその歯医者の歯科衛生士、担当する歯医者自体の態度などにあなたが疑問を持つとき、「この治療はおかしいでしょう?」と思う事にあります。

それは、治療が適切になされていても、そう思うのです。

合コンにいって、変な男、若しくは女がなれなれしい態度できた際に腹が立つ事ってありますよね?他の人が同じことをしてしても、その人が行うとなぜかあなたは気分が良くないというようなことですね。

それが歯医者でも日常茶飯事のように起こる事です。

これは、もう人に対してどのように思うのかというあなた自身の問題も含むので、最終的に、あなたが印象が良いと思う歯医者で治療をするという事が最も満足をする事が出来る治療を受ける早道でもあります。

このような事を頭に入れて頂いて、あなたが治療をしたい審美歯科、歯科医院を探すと最もあなたが満足をする事が出来る歯科医院、審美歯科にたどり着く可能性はかなり高いものとなります。

是非、参考にして頂いて、あなたの人生がより良くなるような歯科治療を受けられるように審美歯科を探して下さい。

あなたが、オールセラミックの歯の治療を受けたいけれども・・・どうも決め手が・・・って思う方も、まずはカウンセリングを受けるという行動が大切

もし、あなたがオールセラミックの歯の治療を受けたいけれど、どうも決め手がって思う方であっても、次にあなたがしなければならない事は、まずは良さそうに思う審美歯科・歯科医院を探すという事が非常に重要な事になります。

どこか、ひとつカウンセリングを受けないと、あなたの中に比較検討をする材料がなにもありません。

良し悪しは、あなたがカウンセリングに行って、あなたが感じて、それを決定をするのです。

どんなに良い治療をしていると豪語している歯医者であっても、あなたが「ダメだこいつ」と思ったら、その歯医者はあなたにとってダメなんです。

また、歯医者でオールセラミックの歯の治療を行うという事については、「歯医者の個人のこだわり、信念」はあるにせよ、どの歯医者で行うにせよ、手順は同じです。

治療に使う素材が保険診療では使う事が出来ないより原価の高い、つまりはより良い素材を使うというだけでの話であって、実際のところ治療手順が大きく保険診療の内容と変わるわけではありません。

つまり、基本的にはどの歯医者でも曲がり曲がっても、一応のところ歯科大学に通って、国家試験は取得をしたのですから、保険診療を提供をする事が出来る一定のレベルはあるのです。

あとは、経験と実績の話で、治療をたくさんしている人の方が、そうではない人よりも上手いという普通の理屈なのです。

 

だから、あまりに良い歯医者というのは、最終的にはあなたが良いと思った歯医者が良い歯医者なのです。

そして、あなたが良いと思っている歯医者が、セラミックの色をたくさん選べたり、あなたの使いたい好みの色があったり、とサービス、ラインナップの面であなたの希望を満たすものを提供をしている歯医者を選べば良いですよ。

 

なので、なんと言っても、まずは、カウンセリングで、あなたがその歯医者を良いと思えるかどうかという基準と設けるためにカウンセリングに行かないと、何も決まりません。

歯医者選びは特にその傾向が強いです。

なにせ、「この歯医者は良いよ」と勧めても、とある人にとっては、「あの歯医者ダメじゃない?」なんて事が多いのです。この点というのは、接客、サービス業観点での、その歯医者、歯科医院は良いか良くないかという個々の判断となるわけです。

 

あなたが、それでもどの歯科医院から行こうか・・・悩むのであれば、審美治療を選ぼうとしている際に、ここの説明を先に聞いておくと一般的な歯科の基礎知識まで時間をかけて教えてくれるから良いという評判の株式会社Japan Dental Frontierの審美歯科サービスでカウンセリングを受けて、一般的な歯科の基礎知識を得た状態で他の歯科医院のカウンセリングも受けると良いですよ。

株式会社Japan Dental Frontierの審美治療がおすすめの理由

当サイト 関連記事!こちらも読んでもっと審美歯科の治療を知ろう

【専門】芸能人のような整ったセラミックの歯にする!特別な白さのオールセラミック専門なのにコスパ良し!

セラミックの歯を安く提供をしている歯科医院はあるか?

前歯の大きさを小さくしたい場合にはどうすれば良い