審美歯科の治療は原則的に保険を使う事が出来ません。

しかしながら、最近は歯科医院のホームページなどで、「保険適用で審美治療」のようなものを出しているような歯科医院もあります。

保険制度の制度趣旨など、言葉を正しく理解をするのであれば、審美歯科の治療は保険適用になるわけがないという事は誰でも理解をする事が出来るのですが、歯科従事者でもそれがなんだか理解をしていない方もいるようです。

しかしながら、審美歯科の治療に保険が使えるという事は言葉を正しくし使用をするという事に加えて、健康保険の制度趣旨から外れるものになりますから、審美歯科の治療を保険適用が出来るという言葉自体がおかしいという事です。

では、その事についてちょっと理屈っぽく下記に解説をしていきます。

そもそも歯科の保険診療の制度ってなに?

健康保険の法律の制度趣旨というのは、「日本国民が最低限度の健康的で文化的な生活を送る~」という憲法上の要請からのものと解するのが相当で、そのように広く認識をされています。

審美治療というのは、そもそも論で言えば、歯科的な疾患を治療をするという事とは全く異なる概念です。見た目的に最も理想的な状態にするという事が趣旨であり、そもそも歯科的な疾患そのものを治療をするという事が目的なのではなくあくまでも外見的なものを治して、最も理想的に見える状態にするという事がその目的なのです。

従って、審美治療に保険適用が出来るという事に出来るという事自体は憲法上の要請から外れるという解釈がまた一般的になりますから、根拠法をその憲法とする下位法である健康保険の法律に於いて審美歯科の治療を保険適用にする事は出来ないという事です。

また、審美歯科の治療を保険適用にしないとする事が多くの方に適切に歯科医療を受ける機会を多く与えるためには、最も合理的であります。

審美治療の原価が高額な治療素材であるセラミックと、保険治療で認めている素材と、歯の咀嚼をするという機能から言えば、いづれでも治す事が出来ますし、身体的な機能の回復という面で考えればいづれも同様の結果を得る事が出来るわけです。

それであれば国民全体に対して、そのような歯科医療を満遍なく限られた保険財源から賄うわけですから、咀嚼の機能を同様に回復するという結果に対してよりコストパフォーマンスが高いものを選択をするのは合理的であると言えます。

だから、審美治療とういのは保険適用外の治療となるという事が妥当であると言うのが法的な解釈であり、また現実的な解釈であるという事です。

日本の歯科の保険診療は、限られた保険財源の中で高い効果を得ているのも事実

日本の歯科の保険診療は健康志向の高まりによって、実際には良くない治療を行っているのではないか?なんて事も囁かれるような事もありますが、実際には諸外国に比較をすれば、良い治療を行っているという事はいえます。

日本国内ではアマルガムという水銀を含んだ詰め物は現在のところは殆ど利用をされていません。

しかし、歯科先進国と言われるアメリカではアマルガムは信頼性の高い治療であり使っても問題ないと主張をする人もいますが、アメリカがそもそもアマルガムを利用しているような社会的な理由もあります。

人体の影響としては許容できる範囲で留まるものであるから、経済的な理由を考えても安価なアマルガムを治療に使うのは経済的合理性が高いという事も本音であるわけです。

しかしながら、日本国内ではアマルガムなど使わなくても、保険診療でも水銀を使ったアマルガムよりも安心をして使用をする事が出来るレジンなどの素材で保険診療で行う事が出来るようになっているわけです。

健康志向の面から考えれば、身体に影響がより少ないものを追求をするわけですから、水銀を使ったアマルガムという詰め物が長らく歯科先進国のアメリカで使用をされているとは言っても、その弊害自体もあるという事があるのであれば、それを使用しないという選択をして認めている日本の保険診療は案外と世界的に言ってもハイレベルで推移をしていると言っても良いという事実もあるわけです。

アメリカが、そもそもアマルガムをまだ使用をしている理由とうのは特段その素材が良いという事ではなく、経済的な面が最も大きいのににも関わらず、「アマルガムは歯科先進国のアメリカで昔から信頼性が高い治療である」と言う主張というのは、そもそも「より、どちらが健康的か?」という事自体が論点が外れますし、正直、国民皆保険ではないアメリカの経済的な事情により安いアマルガムを選択をしているという事が最も大きいという指摘は的外れではないわけです。

しかも、それを日本国内では水銀のアマルガムなど使用せずとも、水銀など使用をしていない比較をした事によりより身体に影響が少ないであろう歯科治療を実費が少ない保険の診療で受ける事が出来るという事になっているのですから、日本国内の歯科の保険診療が優れたものであるという事も言えるわけです。

しかし、それ以上に健康的、良い治療、また見た目のキレイさも含む歯科治療を受けたいという事であれば、原価も多くかかるので、その保険治療で認められる以上の効果を求めるのであれば、国の保険財源を使った保険治療でお金を使うのではなく、自分のお金で行って下さいという理屈になるのです。

なので、審美歯科の治療というのは保険診療で受ける事が出来ないという事が当たり前と言ってしまえば当たり前です。

そもそも医療費というのはかなり高くなるという事も合わせて考えて頂いて、歯科治療でも自費診療を受けたいという事であれば、資金面の計画も立てて、ご自身が希望をしている歯科の自費診療をうける事が出来るお金を貯めていくという事も重要な事です。