審美歯科と最近よく耳にするようになった気がします。

 

でも審美歯科って何?と思いますよね。ようは歯の美容整形だと思って頂ければよいでしょう。

 

最も理想的な歯の形状、歯並び、歯の色、歯の大きさをトータルにキレイにするという事でよりキレイな容姿を実現をする事が出来ます。

 

出っ歯、すきっ歯、八重歯、前歯のねじれ、など全てをトータルに治す事が出来るので、審美治療は若年層から美意識を高くもっている方など多くの方に利用をされています。

 

歯の見た目に関する歯科分野の事を一般的に審美歯科と言っていますから、歯の色を白くするホワイトニングも審美治療と言われる分野に入ります。

 

ただ、今日的には審美治療という場合には、保険適用外の素材のオールセラミック、セラミックの歯を使用をした治療の事を審美治療と言っている場合が多いです。

 

従って歯を白くするだけのホワイトニングはホワイトニングである、歯並びを治すという歯列矯正に於いては歯列矯正であり審美治療とは区別をしているというようなニュアンスになってきています。

審美歯科とは

審美治療は保険適用にはなりません

審美治療は保険適用にはなりません。審美治療を保険適用で受けたいと思っている方もいるかもしれませんが、審美治療は健康保険が想定をしている疾患を治す事が目的ではありません。

 

歯科的に疾患とは関係なく治すという事になりますから健康保険を提供をした治療というのは原則的に不可能です。

 

「審美治療を保険適用で安く提供」とネット上でそのような文言を使っている歯科医院がありますが、理屈で言えば、保険適用に出来る治療というのは疾患の治癒が必ず含まれなければなりませんから、審美治療を保険適用で受けるという事は絶対に出来ません。

 

言い方の問題って事もあるのですが、多分、「審美治療を保険適用で安く提供」と書いている歯科医院などというのは歯周病の予防のための歯石除去などを歯の見た目がキレイに変わるという見た目の改善を含めて言ったりしているのだろうと予想をされます。

 

ただ、セラミックの素材を使用したりする歯科治療は法律によって保険適用が出来ない素材ですから、そもそも虫歯の治療にしても、何にしてもセラミックの素材を使用をして治療をするという治療に於いては保険適用には出来ません。

セラミック 歯

審美治療が注目されるようになった理由

近年審美治療と言われる、セラミックの歯を使用をした歯医者の自費診療が注目されるようになった理由は、やはり健康志向の高まりによるものであると推察されています。

 

またインターネットの技術の発展により、芸能人だけでなく人前に出るという事、容姿の清潔感が重要な人の目に触れる仕事に従事をする人が増えたという事も、審美治療を求める人が多くなった理由のひとつであると考えられています。

 

また顔の造詣に関する理屈をしっている人が増えたという事もあります。顔の印象の中でも歯が最終的に決定づける清潔感というのは、いくら顔を整形手術で整えたとしても歯がキレイではなければ獲られるものではありません。

 

メイクの技術がどれだけ上がろうと、キレイに見えようと、笑ったり、口を開けば人ががっかりしてしまうような歯では容姿にいくら気を使っているとは言っても無意味とまではいいませんが、かなりマイナスポイントになるわけです。

 

なので、歯医者の自費診療のセラミックの歯で、いわゆる審美治療を受ける人が増加をしているのです。

理想的な笑顔 | セラミック矯正の歯と唇のバランス

金属アレルギーの広がりで銀歯を自費のセラミックに変える人の増加も要因のひとつ

アクセサリー、ジュエリーを着用をしているくらいで金属アレルギーになってしまい肌荒れを起こす方がいらっしゃいます。また原因不明の肌荒れ、手のひらの水疱を気にしていらっしゃる方がいます。

 

それが金属アレルギーの原因であるという事が挙げられます。金属アレルギーと歯科が何の関係があるのか?と思う方もいるかもしれませんが、医療行為の中で一般的に金属を使用をしている治療を多用しているのが一般的に言えば歯科なのです。

 

特に被せ物で奥歯に銀歯をしている方というのは多くいらっしゃいますね。

 

アクセサリー、ジュエリー程度の金属でも肌が荒れてしまうような方であれば、口の中に金属が入っている事は好ましくない事ですし、本人的に言っても、健康と美容の面に大きく関係をしてくるものであるので、歯医者の自費のセラミックで金属を特に使用をしていないオールセラミックの歯に取り替えるという方が増加をしているのです。

ジュエリーの金属で肌が荒れるなどアレルギーがある方は歯科金属も要注意